猫とこれから暮らし始めたいという方は、まずご家族に「猫アレルギー」
の方がいないかどうか事前に調べておかれることをお勧めします。

「猫アレルギー」とは、猫との接触によってくしゃみや咳、鼻水などの
風邪に似た症状のほか涙・目のかゆみ、顔の腫れ、皮膚の発赤やかゆみ、
喘息など、様々な反応が出てしまうもので、体質によっては重症となる
ケースがあります
ガーンマジで
重篤な場合は、命にもかかわってくる問題ですから、その場合は残念
ですが猫との暮らしは諦められた方が良いですし、暮らし始めてから
後悔しないようにしていただきたいと思います。




<猫アレルギーの原因>
最も一般的なアレルゲン(アレルギー誘発物質)は猫の皮膚や唾液腺から
分泌される数種類のタンパク質だといわれています。
猫が毛繕いすることによって体の表面のあらゆる場所に付着し、これと
一般的なバクテリアの毒素が接触することでアレルギー反応が誘発される
ということです。

<猫アレルギーの検査>
アレルギーを持っているかどうかは、体質によりますので猫を飼う前に
皮膚科の病院などでかんたんな検査をされてみてはいかがでしょうか?
もし直接猫との接触で試してみたい場合は、アレルギー反応が出るまで
一定の期間を要しますので、その場合は少なくとも数ヶ月間必要です。
猫カフェなどで1〜2回接触した程度では、アレルギーがあるかどうか
の結果はわからない場合が多いようです。

<猫アレルギーの軽減法>
現在のところ、アレルギーの人が猫との接触によってだんだん免疫ができ
症状が改善するという可能性はないとの事ですが症状の重くない方の場合
発症の元となるアレルゲンを極力減らすことによって症状を軽減すること
ができます
クローバー

具体的には・・・
・猫のフケや毛などをこまめに掃除してアレルゲンを極力なくす
・特に温床となるふとんや枕、マット類などの埃も入念に取る
・空気中に浮遊するアレルゲンは空気清浄機で取る
・猫との接触の直後に、きれいに手を洗う
・アレルゲンを吸着するカーペットよりフローリングがおすすめ
・ウール系の衣類をさける
・ご家族自身の体質改善(免疫力を上げる食事、規則正しい生活など)


今はまだ、猫アレルギーになってしまった場合の処置は、対症療法しか
ありませんが、近年、詳しい発症の原因などが解明されつつあるので、
もうすぐアレルギーの予防や治療薬もできる様になるかも知れません
あひゃネコ

猫と暮らしたいと思っているのに、アレルギーのせいで我慢している方が
ネコさんと楽しく遊んだり、思いっきり抱きしめて”モフモフ感”を堪能
したりできる日がくれば最高ですね
ハート
by mシッター


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile


meetaメンバー↓

▲ミータ(女の子、2歳)

meeta のマスコットで、2シッターを保護者的な目で見守っている。好きな食べものは、クリームチーズ。特技は肉球マッサージ。
Mシッター

▲mシッター(姉)

結構な高齢だが体力には自信があり、気持ちは若い。ややせっかちで、情にもろいところがある。食いしん坊で和菓子に目がない。緊張すると熊本訛りが出る。
Tシッター

▲tシッター(妹)

少し人見知りだが、ユーモアのセンスがある。かなり慎重派で勉強熱心。姉の暴走を上手くセーブできる冷静さを持つが、日課の晩酌はセーブできない。

meetaねこ写真館

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ブラッキーくん、安らかに・・・。
    meeta
  • ブラッキーくん、安らかに・・・。
    京子&ポール
  • シッターの悲しい誕生日を祝って
    meeta
  • 【追悼】 風助くん、安らかに・・・
    meeta
  • 【追悼】 風助くん、安らかに・・・
    hashimoto
  • シッターの悲しい誕生日を祝って
    青木
  • ピアノを弾く猫
    meeta
  • ピアノを弾く猫
    むっちゃん
  • トルコへの想い
    meeta
  • トルコへの想い
    むっちゃん

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM