毎年、多くの救急搬送者が発生する「熱中症」に注意が必要な時期となりました。

今年は新型コロナウイルスの感染リスクも加わり、更に十分な対策が必要です。

 

 

令和2年度に必要な熱中症予防行動について環境省からの情報がアップされていましたのでご参考にしてください。

令和2年度の熱中症予防行動(リーフレット)/環境省

 

まずはご家族の皆さまがウイルス感染や、熱中症により健康を損なうことが無いよう留意し、お家のネコさんたちへのウイルスの感染を防止し、下記の様な熱中症対策もしっかりしてあげてくださいね。

 

<猫の熱中症対策について>

猫は人間に比べて汗腺の発達が悪く、直接冷たいものに体を接したり、呼気による気化熱で体温調節するしかないため、体温が上がり過ぎてしまうと一気に冷却するための力が足りません。

体温が上がり過ぎた場合、血管内に血栓がたくさん出来て重篤な病気になる可能性もあります。

 

熱中症の症状とは?

◎呼吸:初期は浅く速い→舌を出して苦しそうな荒い呼吸。

◎意識:だるそうに見える→もうろうとしている→意識がなくなる。

◎食欲不振

◎目や口の周りが赤い(充血している)

◎よだれ→嘔吐→吐血

◎下痢→血便・血尿

◎痙攣(けいれん)

 

 

応急処置の方法は?

◎すぐに涼しい場所へ移し、体を冷やす。(水をかけたり、ぬらしたタオルでくるむなど)

◎意識がある場合→水を少しずつ飲ませる。身体を冷やしながら呼吸と熱が落ち着くまで安静にさせる。

◎意識がない場合→口から水を飲ませるのは気管に入ってしまう危険があるので、無理に飲ませない。

◎体を水で冷やした後、脇や腹部や頸部などを保冷剤や水でぬらしたタオルなどで冷やしながら至急病院へ運ぶ。

 

 

熱中症にならないための暑さ対策とは?

◎エアコンで室温を一定に保つ(目安は28℃のドライ運転)。

◎遮光カーテンで日光を遮断し室温を下げる。

◎出来るだけ部屋を解放して、猫が涼しい場所を探せるようにする(溺れないよう風呂場の水は抜いておく)。

◎家の随所に飲み水を置いておく(自動給水器でも可)。

◎クールシートや保冷剤入りのベッドなどを置く。

 

 

室温については、エアコンの温度設定に頼らず、できれば事前にシミュレーションしておくことをお勧めします。

設定したエアコンの温度で、猫さんが小さく丸くなっていたら寒すぎ長〜く伸びきっていたら暑すぎという判断ができます。

猫さんの中にも暑がりと寒がりがいますので、個々の快適温を知っておくと安心ですね。

 

by ミータ

 

 

 

 

昨年(2019年)12月以降から、中華人民共和国湖北省武漢市で原因不明の肺炎患者が発生したとの報道から3ヶ月、新型コロナウイルス(COVIT−19)は瞬く間に全世界に拡散され、世界各国に想像もよらなかった甚大な被害を及ぼし続けています。

3月29日時点でウイルスによる世界の死者数は3万人を超え、日本も今が感染爆発となるか否か、ぎりぎりの局面にあると伝えられています!

中国での最初の報道を耳にした時、その後、世界中がこの様な事態に陥ってしまうという事を想像した人は恐らく少なかったのではないでしょうか?

 

さまざまなメディアで、この新型コロナウイルス感染症にかからないための予防法や、人へ感染させないために守るべき事について日々報道されていますので、まずは自分のやるべき事にしっかり取り組んで、出来る限り感染拡大を防ぎ、一日も早い収束の日を待ちたいですね。

 

経済産業省からの最新動画はこちら↓

「やってみよう!新型コロナウイルス感染症対策 みんなでできること」

 

 

 

ミータのブログを観ていただいている方には気になる「ペットへの感染について」の報告をご紹介したいと思います。

人から動物への感染については報道でご存知の方もあるかと思いますが、香港で人からペットの犬への感染が1例報告されていて、新たに香港で犬への感染がもう1例とベルギーでは飼い主から飼い猫への感染が1例報告されていますが、いずれも軽症で詳しい証拠の調査は今から実施されるようです。

また犬猫に固有のコロナウイルス感染症(新型コロナウイルスとは異なるもの)も以前よりありましたが、こちらはペットから人への感染例は今まで報告されていません。

 

環境省ホームページ上で紹介されている現時点での新型コロナウイルスによる人からペットへの感染の予防措置をまとめてみると、以下の点となります。

■ペットへの感染予防のためにすること

●ペットとの濃厚な接触(キスや顔を舐めさせるなど)をさける。

●ペットやフードの容器などを触る前と後は徹底した手洗い(またはアルコール消毒)を心がける。

●感染が疑われる場合はペットと接触しない。どうしても必要な場合はマスクを着用する。

 

いずれも新型コロナウイルス感染症だけに限らない、通常の動物由来感染症対策として行っている衛生管理ですね。

 

 

この事態によって外出の自粛や在宅勤務が増え、飼い主の方が家に居る時間が増えるという事はペットにとっては嬉しいことかも知れませんが、その分ペットとの接触の機会も多くなって来るので十分に注意が必要です。

まずは自分が感染症にならないようにする事、そして大切なペットへウイルスを感染させてしまわないために、上記の事をご参考にしていただければ幸いです。

 

今日は新型コロナウイルスとペットについてのお話でした。

 

 

by ミータ

 

 

 

先日行ったセミナー後のアンケートで「猫との遊びの終了のしかた」について質問がありましたので、今回は「猫の遊ばせ方」をテーマに書いてみます。


写真:T様宅のなしぇすちゃん

 

みなさん、ご存知のように猫は遊ぶのが大好きですね。ご家族とのコミュニケーション作りにも遊びは欠かせません。

特に室内飼育の猫の場合、刺激が少ないためについつい運動不足になりがちです。健康づくりの為にも毎日、猫との遊びの時間を持つように心がけたいですね。

 

生後間もない子猫の遊びはきょうだい達とのじゃれ合いによって社会性を学ぶ社会的遊びがメインですが、成長と共に単独の遊びに移行し、ボールやオモチャを獲物に見立てたいわゆる「狩りごっこ」へと変化していきます。

 

写真:I様宅のルーシーくん

 

猫と上手に遊ぶコツや遊ぶ時の注意点などについて下記にまとめてみました。

 

 

<猫と上手に遊ぶコツ>

1.遊ぶ時間は空腹時の方が良い

 猫が遊ぶ理由は「獲物を獲りたい」という狩猟本能からですが、その狩猟本能は食事をする前の空腹時により高まることが分かっています。また食後すぐの激しい運動は、食べたものを嘔吐してしまう可能性もあるので避けましょう。

 

2.やや薄暗い環境が良い

 猫はやや薄暗くなった頃に活動的になる動物です。部屋の中が明るすぎるよりも豆電球など、やや薄暗い環境の方が活発に遊んでくれる可能性が高くなります。

 

.猫のターゲットとなる獲物の動きを再現する

 猫が捕まえる「ねずみ」「鳥」「うさぎ」などの獲物のリアルな動きを再現して見せる。

◎ネズミ・・・すばしっこく動いたり、物陰に隠れたり、じっとしているかと思うと急に近づいてくるような動き

・・・・・高い所を飛びながら左右に動いたり、高い所で止まった後、舞い降りて急に飛び立つなどの動き

うさぎ・・・ぴょんぴょんと跳んで物陰に隠れたり、突然顔に向かって突進したりという動き

 それぞれの特徴を再現できる物やオモチャを使って表現し、狩りのまねごとが出来るようにしてあげましょう。

 

.オモチャは時々交換する

 同じオモチャにはすぐ飽きてしまうため、視覚や聴覚を刺激する光るものやカサカサという音の出るオモチャなどをいくつか用意しておき、順番に取り換えて使用すると猫の興味が持続します。

 

.遊ぶ時間は短時間で良い

 猫は短時間で獲物を捕らえる生き物ですので瞬発力には優れていますが持久力はあまりありません。遊ぶ時間は長くても15分〜20分程度がめやすです。猫の年齢や体力によっても差がありますが、猫が身体を休める体勢になったり、「ハアハア」と息があがってきたら、お終いにしましょう。

 

写真:N様宅のこぐまちゃん

 

<遊ぶ時の注意点>

1.事故防止に気をつける

 猫が激しく動いて壁にぶつかったり、ケガをしないようにできるだけ広い場所で遊ばせるようにし、周りの危険な物はすべてかたづけておくようにしましょう。

 

2.遊んだ後のオモチャは片づける

 遊び終わった後のオモチャで独り遊びをしてボールや紐などを誤って飲み込んでしまうケースもあります。誤飲の恐れのある物やオモチャは必ず目の届かない場所へ収納するようにしましょう。

 

3.猫の達成感を満たしてあげる ←「遊びの終了のしかた」についての回答になります

 猫じゃらしやオモチャで遊ぶ時は最後にしっかりと対象物を捕まえさせて達成感を満たしてあげるように心がけましょう。猫のオモチャで良く使われているレーザーポインター式のオモチャやタッチパネル式のアプリゲームなどは猫の狩猟本能をかき立て、興奮させてくれることは確かですが、対象物を捕まえたり咥えたりすることは出来ないため、狩猟本能を満たすという快感は得られず、ストレスを感じてしまう可能性もあります。これらを使用した後は必ず触覚の満足が得られる物やオモチャなどを掴ませてから終了するようにし、猫の達成感を満たしてあげるようにしましょう。

 

4.人の手や足をオモチャにさせない

 子猫の時から人の手や足をオモチャにしてじゃれつかせて遊んでいると、人の手や足をオモチャと認識してしまうため、大きくなってからも手や足への噛み癖が残る可能性がありますので避けましょう。

 

5.無理強いはしない、ただし言いなりにはならない

 猫は気ままな動物です。気分によっては遊びに誘っても、どうしても気が乗らずのんびりしていたい時もあります。そんな様子の時は無理やりつき合わせないことが猫とのコミュニケーションを円滑に保つコツです。ただし、猫が遊びを鳴いてせがんでくるたびに相手をすることは避けましょう。鳴けば相手をしてくれるという思い込みが生じてしまうので言いなりにならない事も大切です。

 

・・・という事で、以上はシッターの資料を元に解説させていただきました。

 

実際にシッターが現場で接するネコさんたちは果たしてどうでしょう?

必ずしも専門家が解説している様な猫の習性が当てはまらないような子も多いような気がします。

イエネコとして飼われているネコさんの場合は、それぞれの家族との関係性や家庭環境によって性格も習性も千差万別ですし、今までの通説を超えるような行動に驚かされる事も多いので、もしかしたら猫の研究よりも速いスピードで猫は進化しているのかも知れません。だからこそ、猫って面白いんですよね!

 

by mシッター

▲外を眺めながらもの思いにふけるE様宅のジェルちゃん

 

今週26日に九州北部と四国、中国、近畿の梅雨入りが発表され、気象庁の統計によれば九州北部は平年より21日遅く、1951年以降で最も遅い記録となるそうです。

水不足となっていた地域ではまさに恵みの雨となりましたね。

ただし、この時期気になるのはペットの身体の調子もお天気と同じように愚図つき気味になること。

再掲になりますが、以前のブログでご紹介した梅雨時期の注意点です。

 

蒸し暑くてジメジメした梅雨の時期、お宅のネコさんもちょっぴり憂鬱そうではありませんか?

猫の祖先は砂漠で暮らしていたリビアヤマネコ。暑さには比較的強いですが寒さや高温多湿の環境には弱い動物です。

また、この時期特有のさまざまなトラブルも起こりがちですので、注意が必要です。ネコさんが体調不良にならないために梅雨時期のネコさんのケアについて大切なポイントをまとめてみましたキラほし

 

 

■環境を快適に保つ 

      

雨の日には野性の名残りから無駄な活動をせず寝ていることが多くなるネコさんは運動不足になりストレスもたまりがちです。代謝が落ちて飲水量が減ると尿石症などの下部尿路疾患などにかかりやすくなります。免疫力が低下することや、他にもノミ・ダニが急激に増加する時期ですので、呼吸器感染や細菌性の皮膚炎や外耳炎なども発症しやすくなります。

エアコンであればネコさんが快適に過ごせるような温度と湿度に設定しておくことやネコさん自身が過ごしやすいと感じる場所へ自由に移動できるようにしてあげると良いでしょう。

通気も十分に行い、除湿機や扇風機なども利用して過ごしやすい環境を作ってあげましょう。

▲引戸を上手に開けるネコさんは多いです。網戸にもロックをつけると安心ですね。

 

 

■遊びやブラッシングなどでストレス解消

 

運動不足とストレス解消のため、オモチャなどを使った遊びや運動の時間を多く持つようにしたり、皮膚を清浄にするとともにストレスや細菌による皮膚の異常がないかのチェックも兼ねてこまめなブラッシングをしてあげましょう。

▲K様宅のバロスくん「雨の日は退屈だニャー」

 

 

■飲み水やフードの食べ残しなどに注意

 

細菌の繁殖しやすい時期、飲み水はいつも新鮮な水を用意し、器もきれいに洗いましょう。ウェットフードなども腐敗しやすいので食べ残しは早めに処分する様にし、食中毒を予防しましょう。

▲H様宅のスーちゃん「新鮮な水が一番ニャー」

 

本格的な暑さがやって来るのを前に、大切なネコさんがこの梅雨の時期を元気で乗り切ってくれるようにしてあげてくださいね。

 

by ミータ

こんにちは、ねこミータでーす。

 

「記録的猛暑!」と毎年報道され慣れてきた感がありますが、今年は「命に関わる危険な暑さ」というワードでより危険性を強調して報道していますね。

総務省消防庁の発表によると7月16日から22日の間に救急搬送された人が22,647人で重症685人、死亡65人となっており、救急搬送された41.7%の人が自宅からの搬送となっています(速報値)。家の中にいても危険なんですね。

 

どちらかというと寒さが苦手なイメージの猫ですが、この猛暑では室内で過ごしている家ネコさんでも、室温の上昇で熱中症になってしまう危険があります。特にご家族がお留守の際には、熱中症対策が必須となりそうですね。

 

「猫の熱中症対策について」は以前書いた記事ですが、少し追記して再び投稿させていただきました。

 

 

猫は人間に比べて汗腺の発達が悪く、直接冷たいものに体を接したり、呼気による気化熱で体温調節するしかないため、体温が上がり過ぎてしまうと一気に冷却するための力が足りません。

体温が上がり過ぎた場合、血管内に血栓がたくさん出来て重篤な病気になる可能性もあるそうです0口0

 

<熱中症の症状とは?>

◎呼吸:初期は浅く速い→舌を出して苦しそうな荒い呼吸。

◎意識:だるそうに見える→もうろうとしている→意識がなくなる。

◎食欲不振

◎目や口の周りが赤い(充血している)

◎よだれ→嘔吐→吐血

◎下痢→血便・血尿

◎痙攣(けいれん)

 

 

<応急処置の方法は?>

◎すぐに涼しい場所へ移し、体を冷やす。(水をかけたり、ぬらしたタオルでくるむなど)

◎意識がある場合→水を少しずつ飲ませる。身体を冷やしながら呼吸と熱が落ち着くまで安静にさせる。

◎意識がない場合→口から水を飲ませるのは気管に入ってしまう危険があるので、無理に飲ませない。

◎からだを水で冷やした後、脇や腹部や頸部などを保冷剤や水でぬらしたタオルなどで冷やしながら至急病院へ運ぶ。

 

 

<熱中症にならないための暑さ対策とは?>

◎エアコンで室温を一定に保つ(目安は28℃のドライ運転)。

◎遮光カーテンで日光を遮断し室温を下げる。

◎出来るだけ部屋を解放して、猫が涼しい場所を探せるようにする(溺れないよう風呂場の水は抜いておく)。

◎家の随所に飲み水を置いておく(自動給水器でも可)。

◎クールシートや保冷剤入りのベッドなどを置く。

 

 

室温については、エアコンの温度設定に頼らず、できれば事前にシミュレーションしておくことをお勧めします。

設定したエアコンの温度で、猫さんが小さく丸くなっていたら寒すぎ長〜く伸びきっていたら暑すぎという判断ができます。

猫さんの中にも暑がりさんと寒がりさんがいますので、個々の快適温を知っておくと安心ですね。

 

今日は「猫の熱中症対策について」のお話でしたークローバー

 

by ねこミータ

​​


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Profile


meetaメンバー↓

▲ミータ(女の子、2歳)

meeta のマスコットで、2シッターを保護者的な目で見守っている。好きな食べものは、クリームチーズ。特技は肉球マッサージ。
Mシッター

▲mシッター(姉)

結構な高齢だが体力には自信があり、気持ちは若い。ややせっかちで、情にもろいところがある。食いしん坊で和菓子に目がない。緊張すると熊本訛りが出る。
Tシッター

▲tシッター(妹)

少し人見知りだが、ユーモアのセンスがある。かなり慎重派で勉強熱心。姉の暴走を上手くセーブできる冷静さを持つが、日課の晩酌はセーブできない。

meetaねこ写真館

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • <追悼>天国のエイジアちゃんへ
    meeta
  • <追悼>天国のエイジアちゃんへ
    Paul
  • <追悼>天国のエイジアちゃんへ
    京子&ポール
  • ロジちゃんを探しています
    meeta
  • ロジちゃんを探しています
    小坂章子
  • ブラッキーくん、安らかに・・・。
    meeta
  • ブラッキーくん、安らかに・・・。
    京子&ポール
  • シッターの悲しい誕生日を祝って
    meeta
  • 【追悼】 風助くん、安らかに・・・
    meeta
  • 【追悼】 風助くん、安らかに・・・
    hashimoto

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM