前回ご紹介した里親様募集中のハルちゃんファミリー

今日はハルちゃんが生んだ子供5匹の中で、まだお家が決まっていないひまりちゃんとごまちゃんをご紹介します。

 

※ふたりが活発に動き回る動画とママのご紹介記事はコチラ→

 

お鼻がピンクでちょっぴり垂れ目がチャームポイントのごまちゃん(奥)

お鼻が黒くて額のM字模様がママ似の美猫ひまりちゃん(手前)

 

ひまり:ねえねえママ一緒に遊んでよ〜

 

ひまり:だめだわ、完全に寝ちゃってる!

ママはちょっと育児疲れかも・・仕方ないわね5ニャン兄妹を育てるのは楽じゃないもの。

 

ひまり:仕方ない私もお昼寝しよっと

 

 

ごま:ねえねえママ一緒に遊んでよ〜

 

ごま:だめだわ、私のせつないお顔作戦にもママは最近動じないもの!

 

ごま:ねえ〜誰か遊んで!

 

ママ似の美人姉妹、最近放任主義を貫いているハルママにあまりかまってもらえず、もっぱら姉妹で追いかけっこ。そして取っ組み合いやおもちゃで遊ぶのも大好きです。

子猫はお母さんの愛情をいっぱいもらって、兄妹の中で揉まれて遊びの中から色んなことを学んでいきます。

ひまりちゃんとごまちゃんは最高の環境の中で健康に大切に育てられました。

人への警戒心もなく新しいお家にもすぐに馴染むことができると思います。

 

 

これからもずっと安心して暮らせるお家を探しています!

 

ひまりちゃんとごまちゃんに会ってみたい方、ぜひご連絡お待ちしております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 お問い合わせ 

 

 

FacebookやInstagramでご紹介していました。ハルちゃんファミリー

親子で引き受けたいという方が現れ、バンザーイ!!

めでたし・めでたし・・のはずだったのですが、

 

予想外の出来事で、お話が無しになってしまいました(涙)

みんなもがっかりしましたが、一番心痛められたのは名乗りを上げられたご本人でしょう。

仕方ない!仕方ない!誰も悪くない。

 

また、新たに里親探しリスタートです!

 

そんなこと全く気にする様子なしのハルちゃんファミリー(^_^;)

最近の様子はこちら↓

 

 

 

今日はママ猫ハルちゃんのご紹介です。

 

ママのハルちゃん【里親様募集中】

 

推定4〜5歳

性格はおとなしくフレンドリー

ふわふわ長毛の美猫さんです。

 

《ストーリー》

いつもお庭を通り道にしてた外猫さんに連れられてやってきました。

ハルちゃんはすでに大きなお腹を抱えていました。

 

「この家ならまちがいないぜ。毎日俺がここを通っても追っぱらわれねえからな。ここで世話になんな!!」

と、言ったかどうかはわかりませんが(笑)

物件を紹介した外猫さんはハルちゃんをおいて帰って行きました。

 

ハルちゃんはとても人馴れしており、初対面から甘えてきたそうです。

毛も汚れておらずふわふわ、お耳やお腹の中も綺麗。

病院の見立てでは最近まで飼い猫だったのではないかということでした。

しかしながら、迷子札なし・マイクロチップなしです( ;  ; )

信頼できる人間の、安全なお家で出産したいと考えたのでしょう。とても賢い猫ちゃんです。

 

 

出産も育児も落ち着いていて立派です。これが初めての出産ではないかもしれません。人との暮らしに順応しており、優しい性格なので、猫ちゃんとの暮らしが初めての方でも受け入れやすいと思います。

 

避妊手術は保護主さんの方で手配されています。術後落ち着いてからの譲渡となりますが、ハルちゃんがこれからずっと安心して暮らせるお家を探しています!

 

ハルちゃんに会ってみたい方、ぜひご連絡お待ちしております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 お問い合わせ 

 

 

先日、ご報告させていただいた5月13日朝から行方不明だったK様宅のロジちゃんが、本日無事に保護されました!

捜索にご協力いただいた地元住民の皆さま、保護猫団体の方、シッターさん、そしてmeetaからの情報をシェアしていただいた多くの方々にも心からお礼を申し上げます<m(__)m>

 

今年で17歳になるシニアのネコさんが13日ぶりに無事に戻って来れたという事は、大きな驚きでもありますが、この嬉しい結果に結びついたのはご家族の「絶対にあきらめない!」という強い意志があったからです!

 

お家のネコさんがいなくなってしまった時、一番頼りになるのはご近所からの目撃情報です。

では、その情報をどのようにして探れば良いのでしょうか?

 

13日間のご家族の大奮闘ぶりはこちらでご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

迷い猫「ロジ」の捜索(1)

 

無事に発見されたロジちゃん、少し疲れが見えます。

よく頑張ったね!

 

 

世の中のコロナ騒動もあって、何か不穏な空気を察知しているのか? おうちのネコさんの脱走のニュースが相次いでいます。

どうぞ皆さまも十分に気をつけてくださいね。

本当に有難うございました<m(__)m>

 

 

meeta一同

2020年5月25日(月)朝、ロジちゃん発見されました!

13日間の大冒険!17歳のご老体には少し堪えたようで、当初多少衰弱しておりましたが、今は家族・兄弟と元の生活に戻り幸せに暮らしております。

捜索に協力くださったみなさま、この記事をシェアしてくださったみなさまありがとうございました。

meeta一同

 

meetaのFacebookでご紹介したK様宅のロジちゃんの捜索は今日で9日目となりました。

ロジちゃんがいなくなって以来、K様は連日、早朝から深夜まで捜索を続けておられますがいまだみつかっておりません。

5月14日に告知させていただいたmeetaのFacebook記事には今まで6,500件以上のアプローチがあり、たくさんの方々にシェアしていただき、動物への深い愛情を持つ方々からの励ましのコメントもたくさんいただきました。

改めまして、心より感謝申し上げます<m(__)m>

 

K様の近隣に住まれている方々や、地元の保護猫団体の方、シッターさんにもご協力いただいています。

捕獲機を貸し出していただいたり、チラシを配ったり、情報網を駆使しての捜索は今も続いています。

K様はじめ、たくさんのみなさんの願いが叶い、ロジちゃんがどうか無事に見つかります様、切に祈ります!

 

K様より近く配布される予定の新聞折込チラシのデータをいただきました。

↓ ↓ ↓

 

お近くにお知り合いのある方や、何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご連絡をお願いいたします<m(__)m>

 

 

以下はシッターがお留守番の時に撮影したロジちゃんです。

 

 

meeta一同

 

2020年2月15日をもって「さくらねこ動物病院」の元院長 藤田泰志先生がご勇退されるとお聞きし、ご挨拶に伺って来ました。

 

 

一度現役を引退された藤田先生が、地域猫活動や保護猫活動をされているボランティア団体の方や猫を愛する多くの方々の熱い要望に圧されるかたちで、全国でも珍しい地域猫の不妊去勢手術を専門とする病院として「さくらねこ動物病院」を開業されたのは2015年3月25日です。

 

 

わたしたちの開業間もない頃、知人から「さくらねこ動物病院」のことを紹介していただき、早速お訪ねして藤田先生と色々なお話をさせていただきました。

記念すべきmeetaの開業日である2016年3月1日のブログにこの時の様子を書かせていただいています。

http://blog.cat-meeta.com/?eid=27

 

 

「さくらねこ動物病院」の開院後は、わずか4ヶ月で200匹のオペをこなされるほどのハードな日々。

一般的な病院の半分の費用で手術を受けられるという事で、ますます来訪者が増え近年は年間2,000匹にものぼる件数だったとの事です。今年73才というご年令まで、不幸な猫たちを救済するための医療活動を通して社会貢献をして来られました。

 

記念に先生の写真も1枚お願いすると、快く撮らせていただけました。

 

人の家で暮らす飼い猫とは違って、手術後はその日の内に元の場所にリリースしなければならない地域猫の場合、術後の感染症予防や痛みができるだけ残らないよう、最小限の切開で高度な技術を必要とする手術は神経を使い、また「不幸な猫を救いたい」という思いから自費で手術に連れて来られる方々の思いに応えるために「絶対に失敗は出来ない」というプレッシャーもさぞかし大きかった事でしょう。

 

 

安穏とした第二の人生を先送りしてまで病院を開業されたのは、もちろん周りの方々からの強い要請もありましたが、先生ご自身の使命感があったと思います。先生のブログには「社会貢献の一助として自分の持てる獣医療技術を活かしたお役立ちを果たさなければならない、気持ちの充足に至るまでの旅は途上にあって、まだ役目を残している、との思いでした」と書かれていました。

その志の高さと謙虚なご姿勢には頭が下がります。

 

 

「さくらねこ動物病院」の今後は、後任の川畑先生が引き継がれる事となり、「この間を大過なく勤め果せる事が出来、いま感無量の感慨を抱けるのも皆さんのお陰です」とお便りに綴られていました。

 

 

先生のご苦労のお蔭でどれほどたくさんの数の不幸となるはずだった命が救われた事でしょう!

 

「先生はじめボランティアの皆さまのご尽力のおかげで、meetaのお客様の中にも小さい時に保護された子やさくらねこの子も増えて来ており、不幸な猫を救いたいという思いで猫を家族に迎えられる方もだんだん増えていますよ」という事をご報告し、大変喜んでいただけました。

 

これからは、どうぞ奥様とご一緒に心身ともに休養され、第二の人生をエンジョイされますよう心からお祈りしております!

藤田先生、長い間、本当にお疲れ様でした!

 

by mシッター

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Profile


meetaメンバー↓

▲ミータ(女の子、2歳)

meeta のマスコットで、2シッターを保護者的な目で見守っている。好きな食べものは、クリームチーズ。特技は肉球マッサージ。
Mシッター

▲mシッター(姉)

結構な高齢だが体力には自信があり、気持ちは若い。ややせっかちで、情にもろいところがある。食いしん坊で和菓子に目がない。緊張すると熊本訛りが出る。
Tシッター

▲tシッター(妹)

少し人見知りだが、ユーモアのセンスがある。かなり慎重派で勉強熱心。姉の暴走を上手くセーブできる冷静さを持つが、日課の晩酌はセーブできない。

meetaねこ写真館

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ロジちゃんを探しています
    meeta
  • ロジちゃんを探しています
    小坂章子
  • ブラッキーくん、安らかに・・・。
    meeta
  • ブラッキーくん、安らかに・・・。
    京子&ポール
  • シッターの悲しい誕生日を祝って
    meeta
  • 【追悼】 風助くん、安らかに・・・
    meeta
  • 【追悼】 風助くん、安らかに・・・
    hashimoto
  • シッターの悲しい誕生日を祝って
    青木
  • ピアノを弾く猫
    meeta
  • ピアノを弾く猫
    むっちゃん

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM